20万キロの車を高く売るなら

20万キロを突破している車は廃車しか道はない!?

 

そんな風に思っている方もいるでしょう。
日本では一般的に10年落ち、10万キロ走行で寿命、
つまり査定額がつかない。なんて言われています。

 

その理由は中古車市場で買い手がつかないからです。

 

買い手がつかない車を買取業者が買い取ると思いますか?
赤字になると分かっていて買い取るわけありませんよね。

 

なので、

 

・10万キロ
・10年落ち

 

というラインを突破した車は売却するのが難しいと認知されていますね。

 

ですので20万キロともなると、買い取ってもらえるわけがない・・・

 

そう思いがちです。

 

しかし、安心してください。
上記のことは昔のことであって、今は時代が違います。

 

買取業者も厳しい価格競争を生き残るために必死です。
そこで生み出されたのが、

 

「乗り物以外としての価値」

 

です。

 

なにも車の価値は、乗れるか、乗れないか、の2つだけではありません。
内部、または外部の部品取りとしての価値もあります。

 

ですので、20万キロを突破しているような車は、主に部品取り車として買取されるのです。

 

少し昔はお金を払って廃車にしてもらう、というような状態でしたが、
車の販売ルートも増え、部品のみでも取引されることが多くなりました。

 

また、日本車が海外で評価され、広く普及してきたことから、海外からの部品需要というのが上がっております。

 

しかし、だからと言ってその辺の買取業者に買い取って貰えるとは限りません。
やはり20万キロという数字はまだまだ買取業者も手を出しづらく、こちらも買取業者を選ばなくてはいけません。

 

つまり買い取ってくれる買取業者、さらに言えば「高く買い取ってくれる買取業者」
これを探す必要があるんですね。

 

そして効率よくそのような買取業者を探すには一括査定がおすすめ。
複数(最大10社)の買取業者に同時に見積もりを取ってもらうことができるサービスです。

 

利用方法は、一括査定サイトに売りたい車の情報(車種や年式、走行距離数など)を入力するだけです。
無料で利用ができ、あなたの車を一番高く買い取ってくれる業者がスグわかります。

 

一括査定サイトを複数同時に利用するのも効率的ですね。

 

一括査定サービスランキング

 

簡単査定ガイド(鉄板です)

 

 

 

 

 

 

ズバット買取比較

 

 

 

 

 

カーセンサー